メニュー
CanvaProの口コミ・評判を見る→チェック

「【えきねっと】カードからのお知らせにご注意を!」は迷惑メール!5つの対策をご紹介!

スマホに「【えきねっと】カードからのお知らせにご注意を!」という件名のメールが届きました。

いろいろ調べたら、えきねっとを装った迷惑メールの可能性が高いことがわかりました。

メール内のURLをクリックしたり、添付ファイルクリックしないように注意してください!

この記事では、迷惑メールの5つの対策について書いています。

日々の迷惑メールで悩んでいる方は、最後まで読み進めてみてくださいね。

目次

迷惑メール対策の最初にやるべき3つのこと

迷惑メール対策をおこなう前に、やるべきことが3つあります。

それぞれの方法について詳しく解説します。

対策①:セキュリティ対策アプリをインストールする

迷惑メールの添付ファイルを開いたり、リンクやURLをクリックすると、ウイルスに感染する場合があります。

ウイルス感染することを想定して、セキュリティ対策アプリをインストールしておましょう。

以下は人気の高いセキュリティ対策アプリです。

  • ノートン
  • マカフィー
  • ウィルスバスター

対策②:フィルタリング機能を使う

迷惑メールは「開くだけでウイルス感染することもあります。

なので迷惑メールを「受信しないようにする」ことが大事です。

迷惑メールを受信しないようにすることを「フィルタリング」と呼びます。

迷惑メールが自動で迷惑フォルダに振り分けれます。

フィルタリング機能は、セキュリティ対策/メールアプリに標準でついていることが多いです。

特に何もしなくても、迷惑メールが迷惑メールフォルダに割り振られると思います。

もし割り振られないようであれば、アプリの設定を見なおしてください。

対策③:サイトブロック機能を使う

迷惑メールのリンクやURLをクリックすると、偽のサイトが表示されます。

偽のサイトで個人情報やクレジットカード情報を入力すると、情報を盗まれてしまいます。

セキュリティ対策アプリには、不正なサイトを表示したときに警告を表示する機能があります。

対策①②も含めて、セキュリティ対策アプリをインストールしておくことをおすすめします。

迷惑メールかどうかを判断する5つの方法

セキュリティ対策アプリも完全ではありません。

迷惑メールが受信トレイに入ってしまうこともあります。

この章では迷惑メールかどうかを判断する方法を解説しています。

受信トレイにあるメールでも、これらの判断に該当するなら迷惑メールを疑ってください。

迷惑メールかどうかを判断する前に

受信フォルダを見て「なんか怪しいメールがある」と感じたら、以下のことを守ってください。

  • URLやリンクをクリックしない
  • 添付ファイルをクリックしない

怪しくないと思うメールも基本的に疑ってかかった方がいいです。

クリックしてしまうと、あとあと大変なことになる場合があります。

怪しいと思うメールについて、まず上記2点を守るように習慣化してください。

判断方法①:メールの件名で検索する

怪しいなと思うメールの件名をネットで検索してみましょう。

迷惑メールであれば「件名:〇〇のメールは迷惑メールです」というサイトが複数表示されます。

このような場合は迷惑メールと判断して、メールを削除しましょう。

判断方法②:催促する内容かどうか確認する

迷惑メールは「重要」「緊急」などという言葉がよく使われています。

また「〇日以内に情報を更新してください」という言葉もよく使われます。

しかしそのような催促メールがくることは通常ありません。(先に警告メールがくるはずです)

このような催促するような内容は、迷惑メールだと判断してよいです。

判断方法③:事後報告の内容かどうか確認する

迷惑メールは「〇〇の利用を停止しました」という言葉がよく使われます。

しかし勝手に利用を停止されることは通常ありません。(先に警告メールがくるはずです)

このような事後報告の内容があれば、迷惑メールだと判断してよいです。

判断方法④:日本語がおかしくないか確認する

迷惑メールは海外(特に中国)から送信されることが多いです。

なので日本語がおかしかったり、誤字があることが多いです。

文章を読んでいて日本語がおかしいなと思ったら、迷惑メールだと判断してよいです。

判断方法⑤:メールアドレスやリンク先のURLを確認する

この判断方法は知識がないと難しいので、参考程度に読んでください。

迷惑メールのメールアドレス、メール内のリンクやURLのアドレスは、間違いなくおかしいです。

あまり使われないドメインが使われていたり、偽の企業名が使われたりしています。

これがわかれば、迷惑メールかどうかを判断しやすくなります。

実際にあった例

https://anamzo.mmkites.com
Amazonからのメールですが、URLのAmazonの綴りがおかしいです。

zaypmrkayc@www.aeon.co.jp
イオンからのメールですが、メールアドレスのアカウントがおかしいです。

https://ts3.mycard.08kl3rh.cn
トヨタファイナンスからのメールですが、ドメインがcn(中国)になっています。

迷惑メールに反応してしまった場合の2つの対策

  • 迷惑メールの添付ファイルをクリックした
  • 迷惑メールのリンクやURLをクリックした

迷惑メールだとわかっていても、間違ってこれらの操作をおこなってしまうことがあります。

この章では、それぞれの操作をおこなったときの対策を解説します。

対策①:添付ファイルをクリックした場合

迷惑メールの添付ファイルをクリックすると、ウイルスに感染することがあります。

セキュリティ対策アプリをインストールしていれば、自動でウイルスを駆除してくれます。

対策アプリを入れてなかったら、すぐにインストールしてウイルスチェックしてください。

ウイルス感染が不安であれば、定期的にウイルスチェックをおこなうようにしましょう!

対策②:リンクやURLをクリックした場合

迷惑メール内のリンクをクリックしてしまった場合、企業の偽サイトが表示されます。

偽サイトでは、個人情報やクレジットカード情報を入力する画面が表示されます。

絶対に情報を入力して送信しないでください。

情報が盗まれて悪用されてしまいます。

迷惑メールかどうか判断がつかない場合は問い合わせましょう

迷惑メールかどうかを正確に判断するのは、とても難しいです。

これは本当のメールなんじゃないか?と思うこともあると思います。

そのような場合は、その会社の公式ホームページから問い合わせしてみてくださいね。

迷惑メールで被害にあったときの対策3つを紹介

迷惑メールと知らずにURLや添付ファイルをクリックすると、以下のような被害にあいます。

  • ウイルスに感染する
  • クレジットカード情報を盗まれる
  • 詐欺被害にあう

それぞれの対策についてお伝えします。

対策①:ウイルスに感染した場合

セキュリティ対策アプリをインストールしていれば、自動でウイルスを駆除してくれます。

対策アプリを入れてなかったら、すぐにインストールしてウイルスチェックしてください。

ウイルス感染したかどうかわかりづらいので、定期的にウイルスチェックをおこないましょう!

対策②:クレジットカード情報を盗まれた場合

クレジットカード情報を入力してしまった場合、カード情報が第三者に不正利用される可能性があります。

その場合カード裏面に書いている電話番号、もしくは公式サイトに記載の電話番号に速やかに相談してください。

いっこくも早くカードを利用停止にすることが重要です。

対策③:詐欺被害にあった場合

迷惑メールで詐欺被害にあった場合、すみやかに以下の機関に相談しましょう。

  • 消費者センター(188)に相談する
  • 警察に相談する(#9110)
  • 専門家に相談する

この中でもおすすめは「専門家に相談」です。

消費者センターや警察では、被害の内容や規模によって動いてくれない可能性があります。

専門家に相談すると費用がかかりますが、その分確実に対応してくれます。

どの専門家に相談していいかわからない場合は、専門家案内サービスを利用してくださいね。

\無料で24時間365日受付/

相談するだけでも大丈夫です

迷惑メールまとめ

件名「【えきねっと】カードからのお知らせにご注意を!」は、えきねっとを装った迷惑メールでした。

怪しいメールが届いたら

  • メールを開かない
  • メール内のURLをクリックしない
  • 添付ファイルをクリックしない
  • 個人情報を入力しない

を守ってくださいね。

迷惑メールの被害を防ぐためにも、セキュリティ対策ソフトを導入することをおすすめします!

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次