CanvaProの口コミ・評判を見る→チェック

【迷惑メール】【重要なお知らせ】サービス料金請求のお知らせ!4つの対策をご紹介!

スマホに「【重要なお知らせ】サービス料金請求のお知らせ」という件名のメールが届きました。

いろいろ調べたら「ニフティを装った迷惑メール」ということがわかりました。

メール本文の内容を紹介しているので確認してみてくださいね。

またこの記事では、迷惑メールの4つの対策について書いています。

迷惑メールに悩んでいる方は、最後まで読み進めてみてくださいね。

目次

迷惑メールの内容はこちら

実際に受信した迷惑メールの内容はこちらです。(メールの内容は異なる場合があります)

メール内のURLをクリックしたり、添付ファイルクリックしないでくださいね!

【重要なお知らせ】サービス料金請求のお知らせ

—————————————
@nifty ご利用料金確定メール
—————————————

2022年12月度のご利用料金が確定いたしました。
請求明細についてはインターネットからご確認いただけます。
▽ポイントで@nifty利用料金をお安く!

—————————————
ニフティポイントクラブでポイ活して、
@nifty利用料金を今よりお得に!
https://**********
—————————————

—————————————
『請求明細』 の確認方法
—————————————

1.お手元に「@nifty ID」 と 「ログインパスワード」 をご用意ください。

2.@niftyのページにアクセスしてください。
  https://**********

3.ページ右側にある [会員サポート] のアイコンから会員サポートページへ ログインしてください。

4.会員サポートページ左側の[お客様情報一覧 ログイン]のボタンをクリック するとユーザー名とパスワードを確認する画面が表示されます。
※@niftyにログイン状態の場合は、ユーザー名とパスワード入力画面は 表示されません。

5.ご利用料金が記載されている欄の [明細表示] をクリックすると、請求明 細がご覧いただけます。メールにご利用料金を表示したい場合や、 メールの配信先を変更する場合、 配信を停止する場合にはこちらから設定をご変更ください。 

次の章から迷惑メールの対策について書いていますので、読んでみてくださいね。

迷惑メールに対する基本的な3つの対策

この章では、迷惑メールの基本的な対策についてご紹介しています。

これらの対策だけで迷惑メール被害が激減するので、試してみてくださいね。

対策①:セキュリティアプリを使う

迷惑メールの添付ファイルを開くと、ウイルスに感染する場合があります。

感染するとPCやスマホの大事なデータが消えたり、個人情報が盗まれることがあります。

ウイルス感染しないように、セキュリティアプリをインストールしておましょう

\今なら30日間無料体験できます/

国内シェア15年連続No1!

対策②:フィルタリング機能を使う

迷惑メールは「開くだけでウイルス感染することもあります。

なので迷惑メールを「受信しないようにする」ことが大事です。

迷惑メールを受信しないようにすることを「フィルタリング」と呼びます。

フィルタリング機能は、セキュリティアプリやメールアプリに標準でついています。

特に何もしなくても、迷惑メールが「迷惑メールフォルダ」に割り振られます。

割り振られないようであれば、アプリの設定を見直してください。

対策③:サイトブロック機能を使う

迷惑メールのURLやリンクをクリックすると、偽のサイトが表示されます。

偽サイトでアカウントやクレジットカード情報を入力すると、情報を盗まれる場合があります。

セキュリティアプリには、不正なサイトの表示をブロックする機能があります。

大事な情報を盗まれないように、セキュリティアプリをインストールしておきましょう

\今なら30日間無料体験できます/

国内シェア15年連続No1!

迷惑メールかどうかを判断する5つの方法

セキュリティアプリも「100%完璧」ではありません。

迷惑メールが受信トレイに入ってしまうこともあります。

この章では迷惑メールかどうかを判断する方法を解説しています。

迷惑メールかどうかを判断する前に

受信フォルダを見て「なんか怪しいメールがある」と感じたら、以下のことを守ってください。

  • URLやリンクをクリックしない
  • 添付ファイルをクリックしない

クリックしてしまうと、あとあと大変なことになる可能性があります。

怪しいと思うメールについて、上記2点を守るように習慣化してください。

判断方法①:メールの件名で検索する

怪しいなと思うメールの「件名」をネットで検索してください。

検索結果の上位3サイトくらいを見れば、迷惑メールかどうかわかりますよ。

迷惑メールとわかった場合は、すぐにメールを削除しましょう!

判断方法②:催促する内容かどうか確認する

迷惑メールは「重要」「緊急」などという言葉がよく使われています。

また「〇日以内に情報を更新してください」という言葉もよく使われます。

通常、このような催促メールがいきなり来ることはありません。

催促系の内容のメールは、迷惑メールの可能性が高いと判断してよいです。

判断方法③:事後報告の内容かどうか確認する

迷惑メールは「〇〇の利用を停止しました」という言葉がよく使われています。

しかし勝手に利用を停止されることは通常ありません。

事後報告系の内容のメールは、迷惑メールの可能性が高いと判断してよいです。

判断方法④:日本語がおかしくないか確認する

迷惑メールは海外(特に中国)から送信されることが多いです。

なので日本語がおかしかったり、誤字・脱字が多いというのが大きな特徴です。

メールを読んでいて日本語がおかしいなと思ったら、迷惑メールだと判断してよいです。

判断方法⑤:メールアドレスやリンク先のURLを確認する

この判断方法は知識がないと難しいので、参考程度に読んでください。

迷惑メールのメールアドレス、リンクやURLのアドレスは、変なアドレスが使われています。

ほぼ使われないドメインが使われていたり、偽物の企業名が使われたりしています。

これがわかれば、迷惑メールかどうかを判断しやすくなります。

実際にあった例

https://anamzo.mmkites.com
Amazonからのメールですが、URLのAmazonの綴りがおかしいです。

zaypmrkayc@www.aeon.co.jp
イオンからのメールですが、メールアドレスのアカウントがおかしいです。

https://ts3.mycard.08kl3rh.cn
トヨタファイナンスからのメールですが、ドメインがcn(中国)になっています。

迷惑メールかどうか判断がつかない場合

迷惑メールかどうかを正確に判断するのは難しいです。

これは本当のメールなんじゃないか?と思うこともあると思います。

判断に迷った場合は、その会社の公式ホームページから問い合わせしてみてくださいね。

迷惑メールに反応した場合の2つの対策

  • 添付ファイルをクリックした
  • リンクやURLをクリックした

迷惑メールだとわかっていても、間違ってクリックしてしまうことがあります。

この章では、誤ってクリックしてしまった場合の対策をご紹介します。

対策①:添付ファイルをクリックした場合

迷惑メールの添付ファイルをクリックすると、ウイルスに感染することがあります。

セキュリティアプリをインストールしていれば、自動でウイルスを駆除してくれます。

アプリを入れていない場合、すぐにインストールしてウイルスチェックしてください。

\今なら30日間無料体験できます/

国内シェア15年連続No1!

対策②:リンクやURLをクリックした場合

迷惑メール内のリンクやURLをクリックすると、企業の偽物サイトが表示される場合があります。

偽物サイトでは、アカウントやクレジットカード情報を入力する画面が表示されます。

絶対に情報を入力して送信しないでください!

情報が盗まれて悪用されてしまいます。

迷惑メールで被害にあったときの4つの対策

迷惑メールと知らずにURLや添付ファイルをクリックすると、以下のような被害にあいます。

  • ウイルスに感染する
  • アカウント情報を盗まれる
  • クレジットカード情報を盗まれる
  • 詐欺被害にあう

それぞれの対策についてお伝えします。

対策①:ウイルスに感染した場合

セキュリティアプリをインストールしていれば、自動でウイルスを駆除してくれます。

アプリを入れてなかったら、すぐにインストールしてウイルスチェックしてください!

\今なら30日間無料体験できます/

国内シェア15年連続No1!

対策②:アカウント情報を入力した場合

偽サイトでアカウント情報を入力した場合、アカウント情報が悪用される可能性があります。

公式サイトでアカウント情報を変更しておきましょう。

例えばAmazonの偽サイトにログインした場合、公式サイトの方のパスワードを変更しておきましょう。

対策②:クレジットカード情報を入力した場合

偽サイトでクレジットカード情報を入力した場合、カードを不正利用される可能性があります。

不正利用がわかった場合はカード会社に電話して、すぐにカード利用を停止してください。

不正利用されていないけど気になる場合は、カード会社に相談してみてください。

対策④:詐欺被害にあった場合

迷惑メールで詐欺被害にあった場合、すみやかに以下の機関に相談しましょう。

  • 消費者センター(188)に相談する
  • 警察に相談する(#9110)
  • 専門家に相談する

この中でもおすすめは「専門家に相談」です。

消費者センターや警察では、被害の内容や規模によって動いてくれない可能性があります。

専門家に相談すると費用がかかりますが、その分確実に対応してくれます。

どの専門家に相談していいかわからない場合は、専門家案内サービスを利用してくださいね。

\無料で24時間365日受付/

何度でも無料で利用できます

迷惑メールのまとめ

件名「【重要なお知らせ】サービス料金請求のお知らせ」のメールはニフティを装った迷惑メールでした。

怪しいメールが届いたら

  • メールを開かない
  • メール内のURLをクリックしない
  • 添付ファイルをクリックしない
  • アカウント情報を入力しない
  • クレジットカード情報を入力しない

を守ってくださいね。

迷惑メールの被害を防ぐためにも、セキュリティアプリの導入をおすすめします!

\今なら30日間無料体験できます/

国内シェア15年連続No1!

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次