メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

メルカリのタイムラインで上位表示させる3つの方法【売れやすくなる】

メルカリ
 

メルカリに出品している商品をタイムラインの上位に表示させる方法ってあるかな?

こんな悩みを解決します


メルカリでは商品をタイムラインに上位表示させることが非常に大事です。

上位表示することで商品が売れやすくなるからです。

この記事ではタイムラインで上位表示させる3つの方法を解説します。

あわせて「値下げも再出品もせずに上位表示する」方法も説明しています。


私は今まで200件近い不用品などを販売してきました。

その時に実際に使っていた方法なので試してみてください。


<<関連記事>>

目次

メルカリでの上位表示の重要性

メルカリで欲しい商品を検索すると、商品の一覧が表示されます。

以降はスマホアプリ版の画面で解説します。


一覧の上の方に商品画像が表示されていることを「上位表示」といいます。


メルカリには以下の表示順があります。

  1. 新しい順
  2. おすすめ順
  3. 価格の安い/高い順
  4. いいねの多い順

このなかでよく使われるのが「新しい順」と「おすすめ順」です。

新しい順
おすすめ順

「新しい順」は名前の通り、出品された順番に表示されます。

「おすすめ順」は詳しい並び順はわかりませんが、出品の新しいものが上位表示されやすい傾向があります。

つまり出品直後は「新しい順」「おすすめ順」ともに上位表示されて、目につきやすい状態にあります。

この状態だと、購入される確率が高くなります!


しかしそのまま何もしないと、他の商品が上位に表示され、自分の商品が下のほうに埋もれていきます。

そうなると商品が目につかず、いつまでたっても売れない状態になってしまいます!

売れやすくするためには、定期的に商品を上位表示させることが必要です。

タイムラインで上位表示させる3つの方法

ここでは、タイムラインで上位表示する3つの方法をお伝えします。

いずれかの方法で上位表示させて、商品が売れやすい状態にしましょう!

※最後に再出品や値下げせずに上位表示する方法も説明しています。

方法①:再出品する

売れない商品を削除し、再度出品することです。

新規で出品することになるので、上位に表示されます。

デメリットとしては、新規出品と同じ手間(出品手続き)が必要になります。

頻繁に再出品するとアカウント停止になる場合がありますのでご注意ください。

方法②:10%値下げする

現在の価格から10%以上値下げすると上位表示されます。

商品の価格が「安い場合」におすすめの方法です。

あらかじめ少し高い値段で出品し、徐々に値下げしていきます。

これ以上値引きできないというところまで値下げしたら再出品しましょう。

一度値下げしたら24時間あけましょう。1日のうちに何度値下げしても上位表示されません。

方法③:100円値下げする

現在の価格から100円値引きすると上位表示されます。

商品の価格が「高い場合」におすすめの方法です。

あらかじめ少し高い値段で出品し、 徐々に値下げしていきます。

これ以上値引きできないというところまで値下げしたら再出品しましょう。

一度値下げしたら24時間あけましょう。1日のうちに何度値下げしても上位表示されません。

再出品も値下げもなしで上位表示する方法

この方法はメルカリの規約に禁止事項として明確には記載されていませんが、グレーな方法であるため頻繁におこなうとアカウント停止や削除になる場合があります。自己責任でご利用ください。

ここまで再出品と値下げの方法について説明しました。

ここでは「再出品も「値下げもせずに上位表示する方法をお伝えします。

2,000円で販売している商品を例に説明します。

STEP
「100円」引きの「1,900円」に変更してすぐに「2,000円」に戻す


「100円」値引きした時点で上位表示されます。

その後すぐに元の値段にもどすことが可能です。

これで値下げせずに上位表示することができます。

※100円値引きした瞬間に購入される場合があるのでご注意ください。

STEP
「24時間経過後」に「200円引き」の「1,800円」に変更してすぐに「2,000円」に戻す


「STEP1」で一度「1,900円」に値下げしてたことをメルカリのシステムは覚えています。

そのため再度 「1,900円」 に値下げしても上位表示されません。

ですので2回目はさらに「100円」引いた「200円」を引くのがポイントになります。

STEP
「24時間経過後」に「300円」引きの「1,700円」に変更してすぐに「2,000円」に戻す


以降、この繰り返しです。

メルカリの最安値は「300円」なので「300円」までやって売れなかったら再出品です。

図にするとこんな感じです。

これで1日1回、再出品も値下げもしないで上位表示することが可能になります。

上位表示をおこなう時間帯

時間

せっかく上位表示できたとしても、たとえば深夜だと購入される確率は低いです。

メルカリで商品がよく売れる時間は次のとおりと言われています。

  • 朝の通勤時間帯
  • お昼の時間帯
  • 仕事や学校が終わった夕方
  • 22時以降

会社員であれば通勤時間、主婦なら家事や育児が一段落した時間などに、メルカリにアクセスすることが多いです。

特にみんながくつろぐ「22時から0時」までが一番アクセス数が多いです。

こういった時間帯をねらって、上位表示を行ってください。

上位表示しても売れないときの対策

悩み

どれだけ上位表示しても全然売れない・・・

それは価格、画像、文章が悪くて売れなかった可能性が高いです。


価格については、同じ商品が過去にどのくらいの値段で売れていたのかチェックしましょう!

検索画面の絞り込みで「販売状況」を「売り切れ」にすると、過去にどれくらいの値段で売れたかわかります。


商品画像やタイトルや説明文については、より魅力的なものに変更すると売れやすくなりますよ!

 

どんな画像を使ったり、どんな文章にしていいかわからない・・・

そんなときは、他の人の同じ商品の購入済のページを見て、写真や文章を参考にしてください。

自分で一から考えるのは大変ですが、まねるとラクですよ。

画像や文章の丸パクリは規約違反ですので注意してください。

メルカリの上位表示方法のまとめ

上位表示させる方法は以下の通りです。

  • 再出品する
  • 10%値下げする
  • 100円値下げする

出品した商品がずっと売れないと、商品の保管場所にも困りますし、できるだけ早く売りたいですよね。

上位表示を使って早めに商品を販売しましょう


<<関連記事>>

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次