メニュー
CanvaProの口コミ・評判を見る→チェック

【WordPress】「閲覧できません(Forbidden access)」のエラーが発生!解決方法をご紹介!

エラー

WordPressで設定を変更したときに、以下のエラーがでる場合があります。

閲覧できません(Forbidden access)
指定したウェブページを表示することができません。
入力したURLや値が正しくない可能性がございますのでご確認ください。

The server refuse to browse the page.
The URL or value may not be correct. Please confirm the value.

この記事では「閲覧できません」のエラーの発生条件や、解決方法について解説しています。

目次

WordPressで「閲覧できません」のエラーが出るのはどんなとき?

WordPressの設定を変更すると「閲覧できません」のエラーが出る場合があります。

経験上ですが、「コード」に関連する設定を変更しようとしたときに発生します。

例えば私がこのエラーを見たのは、「広告コード」の設定をしていたときでした。

 

「SWELL設定」>「広告コード」の「目次広告」の欄を設定して「変更を保存」ボタンを押すと

 

「閲覧できません」のエラーが表示されました。

「変更を保存」を何度押しても、このエラーが出続ける状態です。

WordPressで「閲覧できません」のエラーが出る原因は?

エラーが出る原因は「WordPress」ではなく「サーバー」にあります。

サーバーの「WAF」というセキュリティ対策が、「誤検知をおこしているのが原因です。

あなたの行った設定が「悪意ある操作」だと間違って認識されたということです。

次の章で、誤検知されない方法を解説します。

WordPressで「閲覧できません」のエラーを出なくする方法

「閲覧できません」のエラーを出なくする方法ですが、

サーバーの「WAF」の設定を一時的に「OFF」にすればエラーは出なくなります。

以下に「ConoHa WING」サーバーでの「WAF」の設定変更方法を解説します。

「ロリポップ」サーバーでも同じエラーが発生するようです。ロリポップのWAFの設定変更方法はこちらを参考にしてください。それ以外のサーバーではエラーは発生しないようです。

 

STEP
ConoHa WINGにログインします。
STEP
「WING」を選択し「サイト管理」を選択します。

ドメインが複数ある場合は、エラーの発生しているドメインを指定してください。

STEP
「サイトセキュリティ」を選択します。
STEP
「WAF」を選択します。
STEP
利用設定を「OFF」にします。
STEP
WordPressの設定画面で設定の変更を行います。

※エラーが出ずに正常に変更されます。

STEP
設定が完了したら「WAF」を「ON」に戻します。

注意:必ず「ON」に戻してください。

 

一時的にWAFをOFFにしない解決方法もありますが、セキュリティについての深い知識が必要です。セキュリティについて詳しくない方には、この方法をおすすめします。

WordPressの「閲覧できません」エラーのまとめ

「閲覧できません」のエラーの原因は、サーバーの「WAF」の誤検知にありました。

一時的にWAFの設定を「OFF」にすることでエラーは出なくなります。

WordPressの設定を変更して「閲覧できません」のエラーが出た場合は、この方法を試してください。

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次