メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

【SWELL】「閲覧できません」のエラーが出る場合の解決方法

エラー
 

WordPressのテーマ「SWELL」の設定をしていた時に「閲覧できません」のエラーが出たけど、どうすればいいかな?

WordPressのテーマ「SWLL」で設定を更新したときに、以下のエラーがでる場合があります。

閲覧できません(Forbidden access)
指定したウェブページを表示することができません。
入力したURLや値が正しくない可能性がございますのでご確認ください。

The server refuse to browse the page.
The URL or value may not be correct. Please confirm the value.

このエラーがでた場合の対処方法についてお伝えします。

目次

「閲覧できません」のエラーが出る条件

私がこのエラーを見たのは、SWELLでGoogleアドセンスの広告の設定をしていたときでした。

図のように WordPressの「SWELL設定」>「広告コード」の「目次広告」の欄を設定して「変更を保存」ボタンを押すと・・・

下図のようにエラーが発生しました。

「変更を保存」を何度押しても、このエラーが出続けます。

「閲覧できません」のエラーを出なくする方法

エラーは「WordPress」や「SWELL」ではなく、サーバーの設定に原因がありました。

サーバーの「WAF」の設定を一時的に「OFF」にすれば解決します。

WAFとはサーバーのセキュリティ対策の1つのことです。

以下に「ConoHa WING」サーバーでの「WAF」の設定変更方法を説明します。

「ロリポップ」サーバーでも同じエラーが発生するようです。
ロリポップのWAFの設定変更方法はこちらを参考にしてください。
※それ以外のサーバーではエラーは発生しないようです。

STEP
ConoHa WINGにログインします。
STEP
「サイト管理」を選択します。

「サイト管理」のメニューが表示されない場合、画面上部の「WING」を選択してください。

STEP
「サイトセキュリティ」を選択します。
STEP
「WAF」を選択します。
STEP
利用設定を「OFF」にします。
STEP
先ほどの「SWLL設定」の「広告コード」の画面で「変更を保存」を選択します。

※エラーが出ずに正常に保存されます。

STEP
「WAF」の設定を「ON」に戻します。

注意:必ず「ON」に戻してください。

まとめ

「閲覧できません」のエラーの原因はサーバーの「WAF」設定にありました。

一時的にWAFの設定を解除することでエラーは出なくなります。

他でも同じエラーが出る場合、同様の対処をおこなってみてください。

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次