メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

有料版Canva Proのメリットを紹介!デメリットの対策もお伝えします!

この記事ではCanva Proのメリット・デメリットについて解説しています。

私はCanva Proを1年使っていますが、メリットが多く満足度の高いツールだと感じています。

一方で、いくつかのデメリットにも気づきましたので、対策とともにご紹介します。

ネット上でもCanvaProはメリットが大きいとの意見が多いです。

実際にCanva Proを無料体験して、メリット・デメリットを確認してみてください!

\メリットが大きくて大満足/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料体験の登録・解約方法はこちら

目次

Canva Proのデメリット4つとその対策について紹介

この章では、Canva Proを1年間使い続けて気づいたデメリットをお伝えします。

デメリットの対策についても書いていますので、参考にしてください。

デメリット①:日本人モデルの写真が少ない

Canva Proは、日本人がモデルになっている写真が少ないです。

※今後増えていく可能性はあります。

日本人の写真をたくさん使いたいと思っている方には、Canvaはあまりおすすめできません。

 

デメリットの対策方法

日本人モデルが充実した画像サイトで写真をダウンロードして、CanvaProにアップロードして使いましょう。

日本人モデルの写真がたくさんある画像サイトをご紹介します。

どちらのサイトも商用利用できますが、念のため利用規約を確認してから使用してください。

無料サイト:写真AC

日本の会社が運営する、国内最大級のフリー画像サイトです。

日本人モデルの写真がたくさんアップロードされています。

無料会員登録が必要です。1日にダウンロードできる画像は9枚です。

※有料会員価格は「1,536円/月」で、無制限でダウンロードできます。

\日本人モデルの写真がたくさん /

有料サイト:PIXTA(ピクスタ)

日本の会社が運営する、国内最大級の有料画像サイトです。

クオリティーの高い日本人モデルの写真がたくさんアップロードされています。

一番安い価格で「1,980円/月」で、1か月にダウンロードできる画像は3枚です。

\日本人モデルの写真がたくさん /

デメリット②:写真や素材数が多すぎて悩む

Canva Proは写真や素材が1億点以上あります。

キーワードで素材を絞り込んでも、大量の写真や素材が表示されます。

どの素材にしようか選ぶのに時間がかかってしまうのがデメリットです。

デメリットの対策方法

Canva Proにはいろいろな検索機能が用意されています。

検索の仕方を工夫すれば、ピンポイントで素材を見つけることができます。

ここでは3つの方法を解説します。

対策①:具体的なキーワードを複数入力する

素材や写真の検索ウインドウに具体的なキーワードを複数入力します。

抽象的:花・きれい
具体的:秋の花・オレンジ・きれい

具体的なキーワードを入力することで、よりピンポイントで素材を絞り込むことができます。

対策②:有料の素材だけを表示する

検索オプション画面で「Pro」を選択します。

すると有料版のクオリティの高い写真だけが表示されます。

Canva Proを契約したら、有料の画像を使った方がおトクですよ!

対策③:似たような写真や素材を表示する

Canvaには以下の検索機能があります。

  1. コレクションを見る
  2. 似ているアイテムを表示する

これらの機能を使えば、簡単に似たような写真や素材を見つけることができます。 

 

写真の右上の「…」を選択して「コレクションを見る」を選択します。

同じ作者が作成した写真や素材が、一覧で表示されます。

 

デザイン上の素材を選択して「( i )」を選択し、「似ているアイテムを表示」を選択します。

似ているデザインの素材が一覧で表示されます。

デメリット③:画像やデザインの細かい編集ができない

Canva Proは他の有料ツールと比較して、細かい編集ができません。

PhotoShopやIllustratorのような、プロレベルの編集を期待する人には向いていません。

とはいえ、デザイン初心者~中級者の方には十分すぎるほどの編集機能が用意されています。

デメリットの対策方法

すこし手間になりますが、他の無料・有料ツールを利用しましょう。

これらのツールで編集した画像をCanvaにアップロードして保存しておきましょう。

有料ツール
  • PhotoShop(画像編集)
  • Illustrator(デザイン編集)
無料ツール
  • Gimp(画像編集)
  • Inkscape(デザイン編集)

デメリット④:月額/年額の費用が発生する

Canva Proは有料ですので費用が発生します。

デザインする機会が少い、無料ツールで十分という方には、Canva Proはおすすめできません。

他の有料ツールと比べてかなり安価なので、個人的にはかなりおトクだと思っています。

デメリットの対策方法

1つめの対策として、不便にはなりますが、Canvaと他の無料のツールをいくつか組み合わせて使いましょう。

  • 写真AC(写真素材)
  • Gimp(画像編集)
  • Inkscape(デザイン編集)

2つ目の対策として、Canva Proを年額払いで支払うか複数人で利用しましょう。

Canva Proの料金は「1,500円/月」ですが、年払いだと「1,000円/月」と価格が安いです。

またCanva Proは、5人で利用した場合「200円/月」で利用することができます。

Canva Proのメリット5つを紹介

Cnava Proにはたくさんのメリットがあります。

この章では、特にすごいと感じるCanva Proのメリットを5つお伝えします。

メリット①:作業効率がアップして時短になる

Canva Proでは、たくさんの写真や素材が利用できます。

「これいいな!」と思う写真や素材をすぐに見つけることができます。

またプロ並みのデザインのテンプレートも多数用意されています。

好きなテンプレートを選んで、文字を変えるだけでサクッとデザインが完成。

作業効率が大幅にアップし、あまった時間を他の作業に使うことができます。

メリット②:他の人とデザインが被りづらい

ブログやSNSを見ていて、使用している画像が被っているのをよくみかけます。

いずれも無料版の画像サイトやツールを使って作成したデザインが多いです。

Canva Proにはたくさんのテンプレートや写真、素材が用意されています。

他の人とデザインが被ることはなく、オリジナリティのあるデザインを作成できます。

メリット③:デザインを好きな時点に復元できる

デザインを作成しているときに、デザインが二転三転することがあると思います。

完成後に「作成途中のあのデザインに戻したい」と思っても、戻すことができません。

しかしCanva Proはデータを履歴で自動保存する機能があります。

作成途中のデザインに、あとからいつでも簡単に戻すことができます。

メリット④:操作が直感的でわかりやすい


PhotoShopやIllustratorは高機能ですが、機能が多くて操作が難しいので、覚えるのが大変です。

それに比べてCanva Proは、機能はそこまで多くなく、操作も直感的でわかりやすいです。

デザイン初心者を意識した作りになっていて、とても使いやすくできています。

メリット⑤:コストパフォーマンスがいい

Canva Proは他の有料ツールに比べて、かなり料金が安いです。

AdobeのPhotoShopやIllustratorは、高機能だけど料金が高い。

Canva Proは機能こそ劣るものの、画像や素材は使い放題で、簡単にプロ並みのデザインができます。

それで月額1000円(年払い)で、1日たった33円で利用できるんです。

使える機能から考えたら、コストパフォーマンスはかなり良いです!

Canva Proのメリット・デメリットのまとめ

Canva Proのメリットだけではなく、デメリットとその対策についてお伝えしました。

Canva Proにはデメリットはありますが、それほど大きな問題ではないと思います。

デザイン知識のまったくない私ですが、1年近く不便もなく満足しています。

特にノンデザイナーの方に、おすすめのデザインツールだと思います。

今ならCanva Proを30日間の無料で体験することができます。

Canva Proを実際に使ってみて、事前にメリット・デメリットを確認しておきましょう! 

\メリットが大きくて大満足/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料体験の登録・解約方法はこちら

関連記事

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次