メニュー
CanvaProの口コミ・評判を見る→チェック

Canvaは写真や動画などの素材が商用利用可能!注意点などを解説!

この記事では、Canvaで作成したデザインの商用利用について解説しています。

Canvaは商用利用は可能ですが、いくつかのルールを守る必要があります。

商用利用の注意点について書いていますので、最後まで読みすすめてくださいね。

Canvaで作成したデザインを商用利用するなら、有料版Canva Proを使ってみませんか?

Canva Proは、素材の数がCanvaの数百倍もあるので、魅力的なデザインを作成できるんです。

Canva Proの無料お試し期間中に、素敵なデザインをたくさん作成しちゃいましょう!

\よりレベルの高いデザインを作成するなら/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料お試しの登録・解約方法については、こちらの記事でくわしく解説しています。

目次

Canvaはすべてのプランで商用利用可能です

Canvaはすべてのプランで商用利用が可能です。

  • Canva
  • Canva Pro
  • Canva for Teams

 

具体的には以下のものが商用利用可能です。

  • Canvaで作成したデザイン
  • 写真・動画・音楽・テンプレートなどの素材

 

作成したデザインに対して、クレジット表記する必要はありません。

ただし、素材に著作者の表記が含まれている場合、勝手に削除してはいけません。

クレジット表記の例
「Copyright 2022 〇〇〇 All rights reserved.」
「© 2022 〇〇〇 All rights reserved.」
「© 2022 〇〇〇」

Canvaで作成したデザインを商用利用できるケース

Canvaで作成したデザインは、いろいろなシーンで商用利用できます。

具体的なケースは以下になります。

  • SNSに投稿
  • ブログ・サイトで利用
  • YouTubeで利用
  • 会社のロゴ(商標登録不可)
  • 名刺、営業資料
  • 広告、チラシ
  • デザインを印刷した商品の販売

 

Canvaで作成したデザインを印刷した商品ですが、例えばこのようなものが販売できます。

  • Tシャツ
  • ポスター
  • トートバッグ
  • マグカップ


また、Canvaで作成したテンプレート・画像・動画などは、ココナラなどで販売することもできます。

Canvaを使えば、副業で稼ぐこともできますよ!

Canvaで作成したデザインを商用利用できないケース

Canvaで作成したデザインは商用利用可能ですが、以下のケースの場合は利用NGです。

それぞれの内容をきちんと理解したうえで、利用してください。

ケース①:Canvaの素材を無加工のまま使用するのはNG

Canvaの素材(写真・音楽・動画・テンプレートなど)を、無加工で商用利用するのはNGです。

素材の著作権は作成者にあります。そのまま使うのは著作権侵害になります。

  • テンプレート上の文字を変更する
  • 写真のサイズや色調を変更する
  • 音楽・動画をカットする
  • 素材を組み合わせる

このように、Canvaで必ず何かしらの加工をおこなってから利用してください。

ケース②:Canvaの音楽素材をメディア広告で使用するのはNG

Canvaで用意されている音楽素材ですが、ネット上での使用に限り商用利用OKです。

例えばYouTubeの動画に音楽素材を使うのはOKです。

テレビ、ラジオ、従来のメディア広告のCMには商用利用できませんのでご注意ください。

ケース③:Canvaの素材をトレースして利用するのは一部NG

Canvaの素材については、トレース(模写)は一部NGとなっています。

詳しくはこちらの「ごぶろぐ」さんの記事をご覧ください。

Canvaの写真やイラスト商用利用どこまでOK?問い合わせてみたらびっくりすることが判明した

ケース④:Canvaの写真モデルに悪い印象を与える使い方はNG

Canvaが提供している写真素材には、人物が写っているものがあります。

そのモデルの名誉を傷つけるような、悪意のある使い方はNGです。

またそのモデルが、特定の商品やサービスを推奨しているかのような表現もNGです。

ケース⑤:「Editorial Use Only」の表記がある素材の使用はNG

Canvaの素材で、タイトルや説明欄に「Editorial Use Only」と記載されたものがあります。

この素材はニュースや報道などで使用が認めれていている素材で、商用利用できません。

素材の右上の「…」を選択します。

赤枠の説明欄に「Editorial Use Only」の表記がなければ商用利用可能です。

Canva Proを2年ほど使用していますが「Editorial Use Only」の表記は見たことがないです。

Canvaで作成したロゴの商標登録はNGです

Canvaを使って作成したロゴは、商標登録ができませんのでご注意ください。

商標登録とは、会社のロゴや商品の名称を特許庁に登録することです。

商標登録をするロゴは「固有のデザイン」でないといけません。

Canvaでロゴを作成すると、他の人と似たようなロゴを作成してしまう可能性があります。

なのでCanvaで作成したロゴは商標登録NGとなっています。

商標登録したいロゴを作成する場合は、プロのデザイナーに依頼しましょう!

Canva以外の素材サイトの利用規約を守りましょう

Canvaでは、他サイトでダウンロードした写真・動画・音楽などを利用することができます。

他サイトの素材を利用する場合、利用規約を読んで以下の点について確認しておきましょう。

  • 利用範囲はどこまでか?
  • 商用利用が可能か?
  • クレジット表記は必要か?

利用規約が見つからない場合、「素材サイト名+商用利用」などで検索してください。

 

例えば、以下の代表的な画像ストックサイトは、すべて商用利用可能です。

サイト名無料/有料商用利用
PIXTA有料
Shutterstock有料
iStock有料
Adobe Stock有料
写真AC無料
Unsplash無料
Pixabay無料
いらすとや無料

※それぞれのサイトの利用規約は必ず確認してくださいね。

商用利用の判断に困ったらCanvaに問い合わせましょう

商用利用が可能かどうか判断に困ったら、Canvaに問い合わせして確認しましょう!

自分で勝手に判断して、あとから問題が起きるのは困りますからね。

Canvaへの問い合わせ方法は、こちらの記事をご覧ください。

Canvaの商用利用についてのまとめ

Canvaで作成したデザインを商用利用するのに大事なのはこの2点です。

  • 素材を加工すること
  • ロゴを商標登録しないこと

これらのルールを守り、常識の範囲内であれば、あらゆるシーンで商用利用可能です。

Canvaで作成したデザインを商用利用するなら、有料版Canva Proを使ってみませんか?

Canva Proは、素材の数がCanvaの数百倍もあるので、魅力的なデザインを作成できるんです。

Canva Proの無料お試し期間中に、素敵なデザインをたくさん作成しちゃいましょう!

\よりレベルの高いデザインを作成するなら/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料お試しの登録・解約方法については、こちらの記事でくわしく解説しています。


おすすめ記事

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次