メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

Canvaで文字装飾!エフェクト機能でテキストをカーブさせたり円にする方法!

この記事では、Canvaのエフェクト機能を使って文字を曲げたり円にする方法を解説しています。

エフェクトの「湾曲」機能を使えば、単調なテキスト表示が、ぐっとおしゃれになりますよ!

いろいろなサンプルデザインを紹介していますので、最後まで確認してみてくださいね。

この記事で書かれていることは、すべて無料版Canvaでできます。

目次

Canvaのエフェクト機能を使って文字をカーブさせる方法

テキストボックスを選択→「エフェクト」を選択→「湾曲させる」を選択します。

 

スライドバーを左右に操作するか、数値を入力します。図のようにテキストがカーブします。

プラスの数値だと下方向にカーブ、マイナスの数値だと上方向にカーブします。

Canvaのエフェクト機能を使って文字を円にする方法

テキストを選択します。

 

湾曲の数値を「100」に近づけます。図のようにテキストが円の状態になります。

 

エフェクトの背景を選択して、カラーを選択し、透明度を変更すれば、このうようなデザインが作成できます。

Canvaのエフェクト機能を使って文字を曲げたデザイン例

子供の心の声をテキストにして、図形にあわせて曲げて配置しました。

 

リボンを素材を斜めに配置して、そこにあてはまるようにテキストを曲げて配置しました。

Canvaのエフェクト機能を使って文字を曲げるときの注意点

文字を曲げたあと、文字の内容を編集するために、テキストボックスをダブルクリックします。

すると図のように「薄い文字」と「濃い文字」が表示されます。

濃い文字の方が編集対象のテキストなので、見間違えないように注意してください。

 

続いては、このような2行のテキストを湾曲させたとします。

 

湾曲させると、図のように1行になってしまいます。

 

このような場合は、図のようにテキストボックスを2つ用意して、それぞれ湾曲させてください。

Canvaのエフェクト機能を使って文字を曲げる方法まとめ

Canvaでテキストを縦書・横書きにすることが多いですが、それだとありきたりなデザインになりますよね。

文字を曲げるだけでなく他の機能と組み合わせれば、より魅力的なデザインになります。

無料版Canvaでもできるので、湾曲機能を使いこなしてみてください!

\ フォントの種類が無料版の10倍以上! /

  

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次