メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

Canvaで文字装飾!テキストにグラデーションをかける方法3選!

この記事ではCanvaにある機能を駆使して、文字にグラデーションをかける方法を解説しています。

それぞれの方法について詳しく説明していますので、最後まで読み進めてくださいね。

文字にグラデーションを入れるのは少し手間ですが、見栄えがグッとよくなりますよ!

無料版Canvaでできる方法と、有料版Canva Proでしかできない方法があるので注意してくださいね。

文字のグラデーションの例
目次

無料版Canvaで文字にグラデーションをかける方法

この章では、無料版Canvaを使って文字にグラデーションをかける方法を解説します。

無料版Canvaでは「英数字」にしかグラデーションをかけることができませんので、ご注意ください。

「素材」を選択→検索欄に「フレーム」と入力して検索→下にスクロール→英数字の「フレーム」が見つかります。

 

キャンバスに英数字の「フレーム」を1つづつ配置していきます。

 

「素材」→検索欄に「グラデーション」と入力して検索します。

 

グラデーション素材をフレームの「文字の中」にドラッグ&ドロップします。

文字の外にドラッグ&ドロップすると、背景全体にグラデーションがかかってしまいます。

 

全部の文字にドラッグ&ドロップすると、グラデーション文字の完成です。

 

完成したテキストをテンプレートに配置すれば、図のようになります。

最初にご説明したとおり、フレームは「英数字しか用意されていません。

カタカナ・ひらがな・漢字にグラデーションをかける場合は、有料版Canva Proが必要です

有料版Canva Proで文字にグラデーションをかける方法

この章では、有料版のCanva Proを使って文字にグラデーションをかける方法を2通り解説します。

応用テクニックも書いていますので、まずはこの通りに試してみてください。

いずれの方法も有料版Canva Proにしかない「背景リムーバ」機能を使います。

\ 背景リムーバを使うなら /

方法①:背景リムーバを1回使って文字にグラデーションをかける方法

「素材」→検索欄に「グラデーション」と入力し検索します。

「グラフィック」を選択→「グラデーション素材」を選択します。

①の箇所に2つもしくは3つの色変更ができる素材を選ぶと、色をかえることができて便利です。

図と同じ素材でなくていいので、いい感じのグラデ―ション素材を選択してください。

 

グラデーション素材を回転させて向きを変え、色を変更します。

図の素材は横方向に伸ばすことができないので、素材をコピー&貼り付けを繰り返して、横長にします。

素材によっては横方向に伸ばすことができるものがあります。また色変更できない素材もあります。

 

グラデーションの上にテキストを配置します。「エフェクト」→「中抜き」を選択します。

図ではテキストの色を黒にしていますが、どんな色でもOKです。中抜きの太さは自由に変えてください。

 

赤枠部分のスクリーンショットをとります。

スクリーンショットした画像をキャンバスに貼りつけます。(画像として貼りつきます)

貼りつけた画像はできるだけ大きく拡大しておいてください。

スクリーンショットの取り方

[Windows10]
[Windows]キー+[Shift]キー+[S]でショット
[Ctrl]キー+[V]で貼りつけ

[MAC]
[Shift]キー+[Command]キー+[4]でショット
[Command]キー+[V]で貼りつけ

※他のツールを使ってもOKです。
※スクリーンショットを画像として保存しCanvaにアップロードする方法でもOKです。

 

貼りつけた画像を選択→「画像を編集」を選択→「背景リムーバ」を選択します。

 

図のように背景が白くなったら、「復元」を選択します。

 

ブラシサイズを調整し、文字の中をなぞっていくと、色が出てきます。

はみ出た部分だけを修正することはできません。一からやり直しになるので慎重になぞってください。

文字より少し小さめのブラシでざっくりと文字をなぞり、細いブラシで微調整するのがおすすめです。

 

文字を全部なぞったら「完了」を選択します。

 

適用を選択します。(押し忘れるとキャンセルされるので注意!)

 

完成した画像をテンプレートにのせると、図のようになります。

注意事項

  1. 中抜きした縁取り文字しか使えません。
  2. 背景の復元作業が大変です。

方法②:背景リムーバを2回使って文字にグラデーションをかける方法

「素材」から四角形を選択→四角形の上にテキストを配置します。

背景色は濃い色ならなんでもOKです。文字色は白色にしてください。

 

赤枠部分のスクリーンショットをとります。

白い余白が多くなるようにスクリーンショットをとるのがコツです。

スクリーンショットの取り方

[Windows10]
ショット:[Windows]キー+[Shift]キー+[S]
貼りつけ:[Ctrl]キー+[V]

[MAC]
ショット:[Shift]キー+[Command]キー+[4]
貼りつけ:[Command]キー+[V]

※他のツールを使ってもOKです。
※スクリーンショットを画像として保存しCanvaにアップロードする方法でもOKです。

 

新しいページ追加します。

「素材」→検索欄に「グラデーション」と入力して素検索→グラデーション素材を配置します。

 

スクリーンショットをキャンバスに貼りつけます。(画像として貼りつきます)

貼りつけた画像を選択→「画像を編集」を選択→「背景リムーバ」を選択します。

 

図のようになったら、赤枠部分のスクリーンショットをとります。

 

新しいページを追加して、スクリーンショットを貼りつけます。

貼りつけた画像を選択→「画像を編集」を選択→「背景リムーバ」を選択します。

 

「適用」をせんたくします。(押し忘れるとキャンセルされるので注意!)

 

完成した画像をテンプレートにのせると、図のようになります。

注意事項

  1. フォントの種類によってはうまくいかない場合があります。(ゴシック系がおすすめ)
  2. グラデーション素材によってはうまくいかない場合があります。

グラーデーション素材の探し方と色の変更方法

グラデーション素材は以下の2つから探しましょう。

  • 素材からグラデーションで検索
  • 写真からグラデーションで検索

 

素材から探したグラデーション素材は、色を自由に変更することができます。

色の変更ができない素材もあります。

 

写真から探したグラデーション写真は、画質を調整したり、フィルターをかけることができます。

 

Canvaのグラデーション素材は有料のものが多いです。

他の写真サイトでグラデーション素材を探して、Canvaにアップロードして使うこともできますよ!

Canvaで文字の色を変更する方法まとめ

Canvaで文字にグラデーションをかける方法を3つお伝えしました。

それぞれ特徴や注意事項がありますので、シチュエーションにあった方法を使ってください。

いずれも作業に手間がかかりますので、長文のグラデーションには向いていません。

ここぞという場面でピンポイントで使うことをおすすめします。

ひらがな・漢字等を使いたい場合は、Canva Proの無料トライアル期間中に作ってしまいましょう! 

\ 今なら30日間無料で使えます /

  

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次