メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

Canvaのおすすめ日本語フォントを紹介!フォントの追加や手書き方法も解説!

この記事ではCanvaのおすすめ日本語フォントを紹介しています。

Canvaの方に聞いた、よく使われているフォントを画像つきで紹介しています。

またフォントの追加方法や手書きでの入力方法についても解説しています。

フォント選びの基本について書いていますので、最後まで読み進めて理解してくださいね。

※フォントの追加以外はすべて無料版Canvaでできます。

目次

フォントの種類と使用する場面

この章では代表的なフォントの種類と使用する場面について解説します。

デザインを見る人にとっては「文字が読みやすいかどうか」が大事です。

シチュエーションに応じたフォントを使うようにしましょう。

個性的なフォントはピンポイントで使うことをおすすめします。

フォントの種類①:ゴシック体


ゴシック体は視認性(目で見た時の確認のしやすさ)が高いので、「見る文章」に適しています。

タイトルや強調したい箇所に使うと効果的です。

ブログ画像・SNS投稿・YouTubeサムネイル・プレゼン資料などにおすすめです。

フォントの種類②:明朝体

明朝体は可読性(読みやすさの度合い)が高く、「読む文章」に適しています。

新聞や小説など、長い文章に使用されることが多いです。

はがき、報告書、レター、チラシなどにおすすめです。

フォントの種類③:手書き風

手書き風フォントは親しみやすいフォントで、個性的・かわいいデザインにおすすめです。

長い文章よりタイトルや見出しに適しています。

ショップカード、はがき、ロゴ、プレイリストカバーなどにおすすめです。

Canvaのおすすめ日本語フォント9選

Canvaにはたくさんのフォントが用意されています。

その中でもよく使われているフォントを、それぞれ3つづつ紹介します。

フォント選びに悩んだら、まずはこれらのフォントを使ってみてくださいね。

※全て無料版Canvaで使用することができるフォントです。

おすすめ日本語フォント(ゴシック体)3選

Noto Sans Regular    
読みやすいゴシック体。Noto Sansは他に「Lite」「Black」があります。

 

源柔ゴシックBlack   
丸ゴシック体。源柔は他に「Heavy」と「Light」があります。

 

ヒカリ角ゴwide B
力強いゴシック体。ヒカリ角は他にも多数種類があります。

おすすめ日本語フォント(明朝体)3選

ユトリロ
読みやすい明朝体。

 

こころ明朝体  
上品な感じの明朝体。

 

モード明朝
線の太い明朝体。

おすすめ日本語フォント(手書き風)3選

うずらフォント
サインペンで書いたようなフォント。

 

桜鰻フォント
線の太い力強い感じの手書きフォント。 

 

花鳥風月
細めの手書きフォント。

Canva効率のよいフォントの検索方法

これまでにおすすめのフォントを紹介しましたが、それ以外のフォントを使いたい場合もあります。

Canvaにはたくさんのフォントが用意されていて、目的のフォントを探すのは大変です。

ここでは、欲しいフォントを効率よく探す方法をご紹介します。

 

フォントの欄をクリックします。

 

フォント一覧が表示されるので、検索欄の場所をクリックします。

すると図の赤枠部分にメニューが表示されます。

いずれかのメニューを選択すると、その内容にあったフォントが一覧で表示されます。

 

検索欄に文字の種類や特徴を入力して検索する方法もあります。

  • 「かわいい」「おしゃれ」などのワードで検索
  • 「手書き」「ゴシック」などの種類で検索
  • 「太い」「細い」などの特徴で検索

これらのキーワードで検索すると、その内容にあったフォントが一覧で表示されます。

Canvaでフォント探しに迷ったら?

  • おすすめフォントが気に入らない
  • 検索しても欲しいフォントが見つからない

そんなときは、お手本になるテンプレートを探しましょう!

  • このテンプレートの文字は読みやすいな
  • このテンプレートの文字はおしゃれだな

そんなテンプレートを見つけたら、テンプレートを開いて使用しているフォントを確認します。

そのフォントを使っちゃえばいいわけです。

ノンデザイナーの人が、デザインにあうフォントを選ぶのって難しいです。

参考になるテンプレートを見つけてマネしちゃいましょう!

Canvaでフォントを追加する方法

Canvaでどうしても欲しいフォントが見つからない場合、フォントを追加することができます。

フォントの追加は有料版Canva Proでしかできません。

 

FONT FREEというサイトで、欲しいフォントを探してダウンロードします。 

ダウンロードするときに、以下のポイントについて確認してください。

  • 商用利用OKである。
  • Windows/Mac対応である。
  • 漢字・かな・カナ対応である。

 

ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。

「.ttf」か「.otf」という形式のファイルがあることを確認します。

 

Canvaのホーム画面から「ブランドキット」を選択し「フォントをアップロード」を選択します。

先ほど解凍した「.ttf」か「.otf」という形式のファイルを選択します。

 

「はい、すぐにアップロードします」を選択します。

 

アップロード済のフォントの欄に、追加したフォントが表示されていればOKです。

上の図の場合、フォント名が「AiharaHudemojiKaishoFreeRegular」となっています。

フォントの検索画面で「Aihara」で検索するとフォントが見つかります。 

フォントは最大25個までしか追加できません。いらなくなったフォントはゴミ箱アイコンを選択すると削除できます。


フォントの追加は有料版Canva Proでしかできません。

Canva Proの無料トライアル期間中に、フォントをたくさん追加してデザインを作成しておきましょう。

 \ 今なら30日間無料でお試しできます /

Canvaで手書き入力する方法

手書き風フォントを使用するのではなく、手書き入力したい場合は以下の操作をおこなってください。

 

左のメニュー欄の一番下にある「もっと見る」を選択し、「描画機能」を選択します。

 

左のメニュー欄から描画機能を選択します。

マウスやタッチペンなどで手書き文字を入力することができます。

手書きモードでは以下の設定・変更ができます。

  • ペンの種類
  • ペンのサイズ
  • ペンの透明度(透過)
  • ペンの色 

Canvaおすすめ日本語フォントのまとめ

Canvaのおすすめフォントの紹介とフォントの追加方法について解説しました。

デザインをする上で一番重要なのは「フォント」だそうです。

フォント選びの基本が理解できるまで、この記事を何度も読み返してくださいね。

Canva Proだとフォント数が10倍もあり、フォントの追加もできます。

フォントにこだわるならCanva Proを検討してみてはどうでしょうか?

 \ フォントの種類が無料版の10倍以上! /

  

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次