メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

Canvaで動画の長さを変更!カット・トリミングや挿入・結合方法を解説!

この記事では、Canvaで動画をカット(トリミング)する方法と挿入(結合)する方法について解説しています。

実際にCanvaを使いながら読みすすめると、理解しやすいですよ。

不要やシーンをカットしたり、別の動画を挿入するのは動画編集の基本となる部分です。

最後まで読みすすめて理解を深めてくださいね。

この記事で解説している内容はすべて無料版Canvaでできます。

\動画や音声素材の数がCanvaの10倍以上!/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料体験の登録・解約方法はこちら

目次

Canvaで動画の長さを変更するときの注意点

動画の長さの変更を行う前に、操作方法で1つ注意点があります。

動画を選択した直後は、タイムラインの動画の表示幅が短く操作しづらいです。

これだとカット位置が指定しづらく、また思った位置で動画が分割されないことが多いです。

以下の方法でタイムラインの表示を拡大してから編集作業をはじめてください。

 

赤枠部分のアイコンを選択し「サムネイルをズームする」モードに切り替えます。

 

赤枠部分の●をドラッグしてタイムラインの動画を拡大表示します。

これでタイムラインの動画の表示幅が広くなり、カットする位置を指定しやすくなります。

拡大率は最大の500%表示にするのがおすすめです。

Canvaに動画ファイルをアップロードする方法

自分で用意した動画ファイルは、Canvaにアップロードする必要があります。

「アップロード」→「メディアをアップロード」→動画を選択して「開く」を選択します。

 

選択した動画がアップロードされます。

Canvaにアップロードする動画は著作権フリーのものを使用してください。Canvaに素材として用意されている動画はすべて著作権フリーです。(商用利用可能)

動画ファイルがない場合 

Canvaにはあらかじめ動画データがたくさん用意されています。

自分で動画ファイルを用意できない場合は、こちらから動画を選択します。

「動画」を選択すると、たくさんの動画が表示されます。

「動画」がない場合、「もっと見る」を選択して、その中にある「動画」を選択してください。

Canvaで動画の不要なシーンをカット(トリミング)する方法

この章では、動画の不要シーンをカット(トリミング)する3つの方法を解説します。

実際にCanvaで操作しながら、手順通りにやってみると理解しやすいですよ。

動画の先頭部分をカット(トリミング)する方法

動画の先頭部分に不要なシーンがある場合は、以下の方法でカットします。

「アップロード」もしくは「動画」を選択し、編集したい動画を選択します。

※貼りつけた動画のサイズを調整してください。

 

タイムラインに表示されている、動画の先頭の赤枠部分を右方向にドラッグします。

 

プレビュー画面でカットしたい位置を確認して、ドラッグを終了します。

 

指定した部分がカットされます。

以上の操作で、先頭の不要なシーンをカットすることができます。

動画の後尾部分をカット(トリミング)する方法

動画の後尾部分に不要なシーンがある場合は、以下の方法でカットします。

「アップロード」もしくは「動画」を選択し、編集したい動画を選択します。

※貼りつけた動画のサイズを調整してください。

 

タイムラインに表示されている、動画の後尾の赤枠部分を左方向にドラッグします。

 

プレビュー画面でカットしたい位置を確認して、ドラッグを終了します。

 

指定した部分がカットされます。

以上の操作で、後尾の不要なシーンをカットすることができます。

動画の途中部分をカット(トリミング)する方法

動画の途中部分に不要なシーンがある場合は、以下の方法でカットします。

一般的な動画編集ソフトのカット方法と異なります。

「アップロード」もしくは「動画」を選択し、編集したい動画を選択します。

※貼りつけた動画のサイズを調整してください。

 

赤枠部分のアイコンをドラッグします。

 

プレビュー画面を見ながら、カットしたい範囲の先頭にアイコンを持っていきます。

 

タイムライン上で右クリックし「分割する」を選択します。

 

動画が2つに分割されます。

 

プレビュー画面を見ながら、カットしたい範囲の後尾にアイコンを持っていきます。

 

タイムライン上で右クリックし「分割する」を選択します。

 

動画が3つに分割されます。

 

削除したいページ②にカーソルを近づけ「…」を選択し「1ページを削除」を選択します。

 

不要なシーンが削除されます。

以上で、動画の途中の不要なシーンをカットすることができます。

カットしたい個所がいくつもある場合、この操作を何度も繰り返し行います。

動画のカット(トリミング)に役立つ便利な機能

動画をカットするときに役立つ機能を3つ紹介します。

いずれも便利な機能ですので、実際にCanvaで操作しながら覚えてください。

便利な機能①:元に戻す機能

間違った位置で動画をカットした場合、「元に戻す」を選択しましょう。

カットする前の状態に戻ります。

便利な機能②:音声を再生する機能

会話などの音声が入っている動画の場合、不要な音声の部分をカットしたい場合があります。

再生ボタンを押すと音が出ますので、音声を確認しながらカットする位置を決めカットします。

これで音声の不要な部分をカットすることができます。

便利な機能③:カット位置を調整する機能

動画を分割した場合、指定したところから少しずれた位置で分割される場合があります。

その場合、分割した位置を調整します。

 

分割した動画の赤枠部分を左右にドラッグして、分割位置を調整します。

 

それにあわせて、もう片方の分割した動画も同様に分割位置を調整します。

Canvaで動画や静止画を挿入(結合)する方法

この章ではある動画に対して、別の動画や静止画を挿入(結合)する方法を解説します。

実際にCanvaで操作しながら、手順通りにやってみると理解しやすいですよ。

動画を挿入(結合)する方法

ある動画に別の動画を挿入したい場合、以下の方法で挿入します。

 

「アップロード」もしくは「動画」から1つ目の動画を選択します。

※貼りつけた動画のサイズを調整してください。

 

「ページを追加」を選択します。

 

新しいページが追加されます。

 

新しいページに別の動画を貼りつけます。

以上で動画を挿入することができます。

画面上は動画が分割されたままに見えますが、動画をダウンロードするときに結合されます。

分割した位置に挿入

動画を分割した場所にも、別の動画を挿入することができます。

 

分割したところにある「+」を選択します。

 

「ページを追加」を選択します。

これで新たにページが作成されますので、そこに動画を貼りつけます。

ページの並び替え

ページの位置は並び替えすることができます。

任意のページをドラッグして好きな場所にドロップします。

 

これで動画が並び変わります。

複数ページある場合も、好きな位置に並び替えることができます。

静止画を挿入(結合)する方法

動画の中に写真やテンプレートなどの静止画を挿入(結合)することができます。

たとえばYouTubeの最後の「チャンネル登録をお願いします」のような静止画を簡単に入れることができます。

 

「アップロード」もしくは「動画」から動画を選択します。

※貼りつけた動画のサイズを調整してください。

 

「ページを追加」を選択します。

 

新しいページが追加されます。

 

新しいページに静止画やテンプレートを貼りつけます。

以上で静止画を挿入することができます。

静止画の表示秒数の変更

挿入した静止画の表示秒数を変更することができます。(標準で5秒になっています)

挿入した静止画の後尾の部分(赤枠部分)を左右にドラッグして秒数を調整します。

静止画のアニメーション表示

挿入した静止画はアニメーション表示することができます。

静止画のページを選択し「アニメ―ト」を選択し、任意のアニメーションを選択します。

アニメーション設定ができるのはテンプレートのみです。写真には設定できません。

Canvaで動画の長さを変更する方法のまとめ

サンプル動画

この記事に書いている「カット」と「挿入」を使って、サンプルの動画を作成しました。

あらかじめ用意されている動画やテンプレートの素材を使えば、このような動画は数分あれば作れますよ!

実際にCanvaを使って、理解できるまで操作してみてください。

なお有料版のCanvaProだと、たくさんの動画・音声素材が用意されています。

オリジナリティあふれる動画を作成するならCanva Proがおすすめです!

\動画や音声素材の数がCanvaの10倍以上!/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料体験の登録・解約方法はこちら

関連記事

おすすめ記事

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次