メニュー
CanvaProの口コミ・評判はこちら→チェック

Canvaで文字装飾!テキストの背景色を塗りつぶしたり透過させる方法!

この記事では、Canvaでテキストの背景に色をつけたり、色を透過させる方法を解説しています。

1つは図形素材を使う方法を、もう1つは文字のエフェクトを使った方法をご紹介。

よく使われるテクニックなので、全部覚えるために最後まで読み進めてくださいね。

※これらはすべて無料版Canvaでできます。

文字背景色変更の例
目次

素材を使って文字の背景色を塗りつぶしたり透過させる方法!

今回はこのテンプレートを使って解説します。

文字と背景が重なって見づらい部分があります。背景色をつけることで改善します。

 

「素材」を選択→図形から四角形を選択→テキストの背面にくるようにし大きさを調整します。

これで文字は見やすくなりましたが、背景の写真が見えなくなってしまいました。

  

図形を選択→「透明度」を調整します。

これで文字は見やすいままで、背景の写真も見やすくなりました。

 

いろいろな種類の図形が用意されているので、図のような丸型やハート型などにすることもできます。

エフェクトを使って文字の背景色を塗りつぶしたり透過させる方法!

テキストボックスを選択→「エフェクト」を選択→「背景」を選択します。

 

背景の値を調整すると、図のような感じになります。

  1. 丸み:背景の角の部分の丸みを調整
  2. スプレッド:背景の幅を調整
  3. 透明度:背景色の透明度を調整
  4. カラー:色を選択

 

文字の湾曲のエフェクトを使えば図のようなデザインもできます。

背景のエフェクトと他のエフェクト(中抜き・スプライス・シャドウ等)は併用できません。

背景色はスポイト機能を使うと便利です!

背景色を決めるときに何色にしたらいいか迷いますよね?

そんなときはスポイト機能を使って、背景の写真の色を使うのが便利ですよ。

 

テキストボックスを選択→「エフェクト」を選択→「カラー」を選択→「+」を選択→「スポイト」を選択します。

画面上の任意の部分をクリックします。(ここではピーマンの緑色の部分をクリック)

 

図のように緑色にかわります。もう1カ所は赤ピーマンの色に合わせました。

自分で色を考えるより、この方が簡単に色を決めることができますよ。

Canvaで文字の背景色を変更する方法まとめ

Canvaで文字の背景色を変える方法2種類と、スポイト機能の使い方をご紹介しました。

エフェクトの背景を使う方法の場合、他のエフェクト(中抜き、スプライス、シャドウ等)を併用できません。


例えば縁取り文字にしたかったら、図形の素材を使ったやり方で背景色をつけてください。

文字の縁取り方法はこちらの記事をごらんください。
Canvaで文字装飾!エフェクト機能でテキストに縁取りをつけて袋文字にする方法!

\ フォントの種類が無料版の10倍以上! /

  

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次