メニュー
CanvaProの口コミ・評判を見る→チェック

Canvaで写真をトリミングする方法を解説!色々な形状に切り抜く方法も紹介!

この記事ではCanvaで写真をトリミングしたり、切り抜く方法について解説しています。

写真の切り抜きについては、

  • フレーム
  • グリッド
  • モックアップ

を使った3つの方法を解説していますので、シーンに合わせて使いわけてくださいね。

写真のトリミングや切り抜きは、無料版Canvaでできます。

ただ有料版Canva Proの方が、使える写真の数が圧倒的に多いです。

Canva Proの無料お試し期間中に、たくさんの写真を使ってデザインしちゃいましょう!

\写真や素材の数がCanvaの500倍以上!/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料お試しの登録・解約方法については、こちらの記事でくわしく解説しています。

目次

Canvaで写真をトリミングする方法

この章では、写真の不要な部分を切り抜く「トリミング」について解説します。

 

「写真」もしくは「アップロード」から写真を選択します。

画像をキャンバスいっぱいに拡大すると、トリミングできないので注意してください。

「写真」がない場合は、「もっと見る」の中から選択してください。

 

写真をダブルクリックします。

 

写真の四隅の赤〇部分をドラッグし、写真をトリミングする範囲を指定します。

 

背景の写真をドラッグすると、トリミングの位置を変えることができます。

トリミングの枠を移動させるのではなく、背面の写真を移動させます。

 

トリミングの範囲が決まったら、写真の外側の部分をクリックします。

 

以上で、写真のトリミングが完了です。

写真の四隅の赤〇部分をドラッグすると、写真の拡大縮小ができます。

トリミングがうまくいかなかった場合は「元に戻す」を選択してやり直してください。

Canvaで写真を丸型やハート型に切り抜く方法(フレームを利用)

Canvaには「フレーム」という素材が用意されています。

フレーム素材を使えば、写真を丸型やハート型などに切り抜くことができます。

 

「素材」を選択→検索欄に「フレーム」と入力して検索→任意のフレームを選択します。

こんな形に切り抜きたいというフレームを選択してください。

空と草原が描かれているのがフレームです。それ以外はフレームではありません。

 

「写真」もしくは「アップロード」から写真をドラッグして、フレームの中にドロップします。

写真の大きさや位置を変える場合は、以下の操作をおこなってください。

 

写真をダブルクリックします。

 

写真の四隅の赤〇部分をドラッグし、写真を拡大します。

 

背景の写真をドラッグすると、写真の位置を変えることができます。

フレームの枠を移動させるのではなく、背面の写真を移動させます。

 

大きさと位置が決まったら、写真の外側の部分をクリックします。

 

以上で、写真の大きさと位置の変更の完了です。

写真の四隅の赤〇部分をドラッグすると、写真の拡大縮小ができます。

大きさと位置の変更がうまくいかなかった場合は「元に戻す」を選択してやり直してください。

Canvaで写真をグリッドの形状に切り抜く方法(グリッドを利用)

複数の写真を切り抜いて配置する場合は「グリッド素材」を使います。

グリッドを使えば、年賀状やポストカードをデザインするのに便利です。

 

「素材」を選択→検索欄に「グリッド」と入力して検索→任意のグリッドを選択します。

 

「写真」もしくは「アップロード」から写真をドラッグして、それぞれのフレームにドロップします。

写真の大きさや位置を変える場合は、以下の操作をおこなってください。

 

写真の四隅の赤〇部分をドラッグし、写真を拡大します。

 

背景の写真をドラッグすると、写真の位置を変えることができます。

グリッドの枠を移動させるのではなく、背面の写真を移動させます。

 

写真の大きさと位置が決まったら、写真の外側の部分(他の写真)をクリックします。

 

以上で、写真の大きさと位置の変更の完了です。

大きさと位置の変更がうまくいかなかった場合は「元に戻す」を選択してやり直します。

Canvaで写真をスマホなどの形状に切り抜く方法(モックアップを利用)

Canvaには「モックアップ」という機能があります。

モックアップを使うと、スマホやPCなどの画面に写真を埋め込むことができます。

他にもたくさんのものに写真を埋め込むことができます。

 

写真を選択→「画像を編集」→スマートモックアップの欄の「すべて表示」を選択します。

 

全てのモックアップが表示されるので、任意のモックアップを選択します。

※ここでは「Laptop5」を選択します。

 

写真がノートPCの画面の中に埋め込まれます。

 

選択中のモックアップの真ん中部分を選択します。

 

埋め込んだ写真の拡大・縮小や位置調整ができます。

  • フィル :画面にすきまなく埋め込みます。
  • フィット:画面にフィットするように埋め込みます。
  • カスタム:写真の位置と大きさを設定できます。

調整が完了したら「適用」を選択します。

 

スマホに埋め込むとこんな感じになります。

 

モックアップはたくさん用意されています。

Tシャツやマグカップなどに写真を埋め込むこともできますよ!

Canvaで写真を切り抜く方法まとめ

Canvaで写真をトリミングする方法と、3つの切り抜き方法についてお伝えしました。

フレームやモックアップを使えば、素敵な写真を簡単に作成できます。

切り抜きを使いこなして、おしゃれなデザインを作成してみてくださいね。

なお写真の人物などを切り出すには、有料版Canva Proの「背景リムーバ」が必要です。

Canva Proの無料お試し期間中に、人物の切り抜きにもチャレンジしてみましょう!

\背景リムーバで人物を簡単に切り抜きできます

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料お試しの登録・解約方法については、こちらの記事でくわしく解説しています。


関連記事

おすすめ記事

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次