メニュー
CanvaProの口コミ・評判をを見る→チェック

Canvaで写真にモザイクを入れる方法!いろいろな形状に加工する方法も紹介!

この記事ではCanvaで写真にモザイクを入れる方法を解説しています。

記事を順番に読んでいくと、効率よく理解できるようになっています。

画像つきで説明しているので、誰でも簡単に写真にモザイクをかけられるようになります!

3種類のモザイクの入れ方について説明していますので、使い分けてみてくださいね。

この記事で書かれていることは、無料版Canvaでできます。(一部有料版Canva Proが必要です)

目次

Canvaで写真全体にモザイクをかける方法を紹介

この章では、Canvaで写真全体にモザイクを入れる方法を解説しています。

8つあるモザイクの種類についても紹介しています。

 

「写真」もしくは「アップロード」から写真を選択します。

「写真」がない場合は、「もっと見る」の中から選択してください。

 

写真を選択→「画像を編集」を選択→ピクセルから「Pixel」を選択します。

 

ピクセルがない場合

検索欄に「ピクセル」と入力して検索します。

「ピクセル」が表示されるので「Pixel」を選択します。

 

この画面が表示されたら「使用する」を選択します。

※以降は画像編集のメニューに「ピクセル」が表示されます。

 

「適用」を選択すると完了です。

適用後すぐに他の作業をすると、ぼかしが消えるなど変な動作をおこす場合があります。10秒ほど経過してから他の作業をおこなうようにしてください。

 

選択中のPixelアイコンの真ん中(設定)を選択します。

 

モザイクの縦横方向のサイズを調整できます。

 

モザイクの種類について

ピクセルの欄の「すべて表示」を選択します。

 

計8種類のモザイクが表示されます。Pixel以外のお好きなモザイクをかけることができます。

※Noneはモザイクを解除します。
※Pixelと同様、それぞれモザイクの細かい調整ができます。

Canvaで写真の一部にモザイクをかける方法を紹介

この章では、写真の一部にぼかしを入れる方法を解説しています。

2通りの方法があるので、シチュエーションに合わせて使い分けてください。

方法①:トリミング機能を使う方法

写真のトリミング機能をつかって、写真の一部にモザイクを入れる方法です。

正方形や長方形の形にモザイクを入れたいときは、この方法がおすすめです。

 

「写真」もしくは「アップロード」から写真を選択します。

このとき、写真はキャンバスいっぱいまで拡大しないでください。トリミングができなくなります。 

「写真」がない場合は、「もっと見る」の中から選択してください。

 

同じ写真をはりつけ、最初に貼りつけた写真と同じ大きさにします。

 

画像のように空白部分から写真にかけてドラッグします。

これで重なり合った2枚の画像が選択された状態になります。

 

2枚の画像を選択したら「グループ化」を選択します。

グループ化しないと、あとで写真の拡大縮小ができなくなります。

 

写真をダブルクリックし、写真の4隅の(赤〇部分)をドラッグして、モザイクをかける範囲を決めます。

※後ろの写真の位置は変えないでください。

範囲が決まったら「完了」を選択します。

 

「画像を編集」を選択し、ピクセルの欄の「Pixel」を選択します。

ピクセルがない場合

検索欄に「ピクセル」と入力して検索します。

「ピクセル」が表示されるので「Pixel」を選択します。

 

この画面が表示されたら「使用する」を選択します。

※以降は画像編集のメニューに「ピクセル」が表示されます。


上の画像のように、指定した範囲にモザイクをかけることができました。

あとは画像を好きなように拡大縮小してください。

モザイクの種類や細かい調整方法については、「Canvaで写真全体にモザイクをかける方法をご覧ください。

方法②:フレーム素材を使う方法

フレーム素材をつかって、写真の一部にモザイクを入れる方法です。

丸形や星形などの形状にモザイクを入れる場合は、この方法がおすすめです。

「写真」もしくは「アップロード」から写真を選択します。

「写真」がない場合は、「もっと見る」の中から選択してください。

 

「素材」→検索欄に「フレーム」と入力して検索→フレームを選択します。

フレームをぼかしを入れる範囲にもっていき、拡大縮小してサイズを調整します。

草原と青空のイラストが入ったのがフレームです。どの形状を選択してもOKです。

 

同じ写真をフレームの中にドラッグ&ドロップします。

 

フレームの中の写真をダブルクリックし、後ろの写真と同じ大きさに拡大し、位置を合わせます。

大きさと位置を完全にあわせるのは難しいので、だいたいあっていればOKです。

大きさと位置を合わせたら「完了」を選択します。

 

「画像を編集」を選択し、ピクセルの欄の「Pixel」を選択します。

 

ピクセルがない場合

検索欄に「ピクセル」と入力して検索します。

「ピクセル」が表示されるので「Pixel」を選択します。

 

この画面が表示されたら「使用する」を選択します。

※以降は画像編集のメニューに「ピクセル」が表示されます。

上の画像のように、フレームの部分だけにモザイクを入れることができました。

丸型やハート型などのフレームを使って、色々試してみてください。

モザイクの種類や細かい調整方法については、「Canvaで写真全体にモザイクをかける方法をご覧ください。

Canvaで写真の背景にモザイクを入れる方法を紹介

Canvaで写真の背景に自動でモザイクをれることはできません。

有料版のCanva Proの背景リムーバを使って、背景にモザイクを入れる方法を紹介します。

\ワンクリックで人物を切り抜き可能/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料体験の登録・解約方法はこちら

「写真」もしくは「アップロード」から写真を選択します。

「写真」がない場合は、「もっと見る」の中から選択してください。

 

選択した写真にモザイクをかけます。

モザイクかけ方はこれまでの章をご確認ください。

 

ぼかした写真の上に同じ写真をはりつけ、最初に貼り付けた写真と同じ大きさと位置にします。

 

「画像を編集」→「背景リムーバ」を選択して背景リムーバを使います。

背景リムーバの詳しい説明については、こちらの記事を確認してください。

 

以上で、背景だけがモザイクがかかった状態になります。

モザイクの種類や細かい調整方法については、「Canvaで写真全体にモザイクをかける方法をご覧ください。

Canvaで写真にモザイクをかける方法のまとめ

  • 写真全体にモザイクをかける方法
  • 写真の一部だけにモザイクをかける方法
  • 写真の背景だけにモザイクをかける方法

以上についてお伝えしました。

わかりにくい部分がありましたら、お気軽にお問合せください。

Canvaでは部分的にモザイクをかけたり、斜めにモザイクをかけることが難しいです。

ぼかし機能」なら簡単にできますので、モザイクにこだわりがなけれそちらを使ってみてください。

写真の背景にモザイクを入れる場合は、Canva Proの「背景リムーバ」を使ってください。

今なら30日間、Canva Proを無料で体験できます。

無料期間中に背景リムーバを使って、背景のモザイク処理にチャレンジしましょう!

\ワンクリックで人物を切り抜き可能/

期間中いつでもキャンセルできます

Canva Pro無料体験の登録・解約方法はこちら

おすすめ記事

よかったらシェアしてください

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次